So-net無料ブログ作成

春バテとは?症状、対策、解消法は!自律神経の乱れが原因・・・ [健康情報]

スポンサーリンク






春バテとは何か?

症状対策解消法はあるのか?

自律神経の乱れが原因みたいだけど!


寒暖の差と春特有の環境の変化によるストレスなどが原因自律神経が乱れ、

体がだるい、気分の落ち込み、イライラする、手足の冷えなどの

調子がいまいちのことがあります。

更に、目覚めが悪い、昼間なのに眠気、夜眠れないなどといった、

睡眠の不調をうったえる方もいますが、これが「春バテ」の特徴のようです。


体がだるい・倦怠感、気分の落ち込み、イライラする、手足の冷え、

目覚めが悪い、日中の眠気、夜眠れない

頭痛、めまい、肌荒れ・・・など
 
このような不調があるときは、「春バテ」の可能性も高いです。

無理をするよりは、早めに休むようにした方がいいでしょう。


春は、激しい寒暖差、新生活の緊張からか?、

春特有の心身の不調を感じる人が多くいるそうです。

そのような症状は、春バテの可能性が高く、原因対策は以下ようです。


春バテ症状は、

暖かさによる眠気、倦怠感、体のだるさのほかに、ストレスや疲れもあるそうです。

生活環境の変化によって、気づかないうちに緊張やストレスがたまって、

自律神経の乱れることが、原因の一つとも言えます。


更に、気温の寒暖差が大きいため体調をくずしやすくなったり、

東京で今年は、最高気温は10度も下がるときもありました。


春バテ原因は、

三寒四温などもあるそうですが、これから春に向けては寒暖差が激しい時期なので、

体は寒暖差に対応するために、交感神経が優位なり、体力が消耗されたりするので、

疲れを感じやすくなるそうです。

更に、洋服も薄着になる機会が多くなることで、

体が冷えやすくなり、血のめぐりも悪くなりがちです。

また、春は新生活がスタートすることもあり、

知らず知らずのうちに、緊張感つづきになったり、ストレスを感じることもあります。

花粉症、アレルギー体質の方は、もっと多くのストレスが重なり、

精神的な負担も大きくなることもあります。

このように自律神経が乱れてしまうことで、体の不調を感じます。


体力がない方、冷えがつらいと感じている方は、春バテ症状が出やすいそうで、

この時期、昨日は極寒なのに、今日は暖かかったといった、

前日との寒暖差も体にこたえるます。

2017年の寒暖差では、1週間の中で約15℃も最高気温に差があったときもあります。

春バテしないようにするためには、

このような気温の変化に、備えた予防対策が必要になります。


春バテ原因1

【生活環境の変化】

春は、卒業や入学や進学、転勤、異動、新生活のスタートなどで、

自分や身のまわりの生活が大きく変化する時期でもあります。

知らず知らずのうちに緊張感やストレスがあり、

自律神経が乱れて、春バテしやすくなります。

更に、ここに花粉症などの体質的要因があると、

新生活によるストレスと、花粉症によるストレスが重なり、

精神的なダメージもかなりなものになります。


春バテ原因2

【多くの気圧の変化】

移動性高気圧が、やってきて低気圧高気圧がめまぐるしく入れ替わる時期で、

自律神経の切り替えがくるいがちです。

そして、低気圧になると、血中の酸素濃度が下がり、

昼間でも眠くなったり、体がだるくなったりします。


春バテ原因3

【きびしい寒暖差】

春は、体が寒暖差に対応するため、交感神経が優位な状態になり、

かなりのエネルギーを消耗するそうで、体の疲れや、だるさを感じやすくなるそうです。

また、冬から春になり、ファッション面でも薄着になることが多くなることで、

体が冷えやすくなり、血のめぐりも悪くなります。


春バテ予防対策は、

春バテ対策には、自律神経を整えて、

交感神経と副交感神経の切り替えを適正かつスムーズに行うことが大切です。

ストレスはためずに、リラックスを心がけて、服装などで温度調整をすることも大事です。

また、冷えてしまったら体を温めるように心がけて下さい。


春バテ予防対策としては、

1.朝は起きたら、カーテンを開けること。

太陽光をあびると、セロトニンが分泌されます。

セロトニンが不足すると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりと、

睡眠の不調になります。

朝は起きて、カーテンを開けて、太陽光をあびるようにしましょう。


2.バランスの良い食事すること。

特に、朝ごはんをきちんと食べて、朝昼晩の3食をバランスの良い食事にすること。

食事のバランスとしては、症状別に、

・山芋、ハトムギ、はちみつ、大豆製品などは、
 元気がない、体力がない、疲れやすい方にお薦めの食材です。

・セロリ、きゅうり、あさり、緑茶などは、
 イライラしやすいと思ったときの、気の高ぶりをおさえてくれる食材です。

・セロリ、しそ、パセリ、生姜、ネギ、ミント、ジャスミン、ローズティー などは、
 春風邪や花粉がつらい方によく、気を巡らせてくれる食材です。


3.適度な運動をすること。

ストレッチをしたり、多めに歩いたり、少しキツイと

思うくらいの運動を心がけましょう。

急な運動は、逆に体を痛めることもありますので、

毎日少しずつ体を動かすことが大切にないります。


4.目もとを温めてリラックスすること。

目もとを、心地よく温めると、短時間で副交感神経が優位になり、リラックスできます。

温度は、目もとが気持ちいいと感じる約40℃ほどです。

温めには、蒸気をともなうアイマスクや、蒸しタオルでもいいです。

蒸気は、乾いた熱に比べて、深く広く温めることができます。


5.目もと、首もとを温めると睡眠の質がアップする。

春は、睡眠の悩みも多いという方が多い時期になりますので、

スムーズで深い眠りにつけるように、副交感神経を優位にし、

心身をリラックスさせることが重要になります。

就寝前に、目もと、首もとを心地よく温めることで、

副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。

更に、血めぐりもよくなるので、しばらくすると手足の先から放熱して体温が下がってきます。

これが眠気を誘って、ぐっすりと眠りにつくことができるそうです。

できれば、眠る前にアロマオイルでマッサージをしたり、ハーブティーなどを飲んだり、

静かな音楽を聴いたりすると、リラックスできるので試しみるといいと思います。


6.夜は、ぬるめのお風呂に入ること。

40度以下のお風呂は副交感神経を優位にしてくれるそうで、

寝る1時間から2時間前に、お風呂に入るように心がけて、

お湯の温度は、36度から39度ぐらいがいいでしょう。

炭酸入浴剤を入れて、ゆっくりバスタブにつかるよに心がけて下さい。


7.温かい服装を心がけること。

春は、薄着になりがちですが、日中は暖かくても夜は、まだ寒いことが多いです。

服装は、少しずつ変えるようにして、

体温調整できる羽織りモノや、首も冷やさない方がいいです。


参考にしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。