So-net無料ブログ作成

電子タバコから発がん性物質が検出される! [ニュース]

スポンサーリンク






電子タバコから発がん性物質が検出されて、厚生労働省がメディア取材であかして話題になっています。

香りや味のついた液体を電気で熱して、蒸気を吸う「ベープ」と呼ばれるもので、

現在、国内で流通している「電子タバコ」から、発がん性物質が検出されたことが報道されました。



政府は安全性や規制について、検討をはじめたようです。


電子タバコは、カートリッジに入れた香りのついた溶液を電気で熱して、

蒸気に変えて吸う「ベープ」と呼ばれるタイプの商品が、国内で若者を中心に広がっています。



電子タバコの溶液には、ニコチンを含むものと含まないものがあり、

紙巻きタバコの禁煙目的で、電子タバコをはじめる人も少なくありません。


しかし、その電子タバコが、健康に悪影響を与える可能性があることが、

分かって、報道がされています。



国内で流通するニコチンを含まない電子タバコの蒸気に含まれる成分を分析した、

結果、複数の電子タバコの蒸気からホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどの、

発がん性物質が検出されたようです。


毒性から考えると、ニコチンより危険な物質だと言えます。


これらの発がん性物質は、紙巻きタバコの煙にも含まれていますが、

今回の分析では、紙巻きタバコと比べて、10倍以上の、

高い濃度のホルムアルデヒドが検出された商品もあったとのことです。



更に、注意なのは、

吸っている本人だけでなく、周りの人の健康に悪影響を及ぼす可能性があるとして、

今回の分析結果は、厚生労働省の27日に行われている専門家委員会に報告されました。


委員会は今後、健康への影響の有無について議論を行い、結論を出す予定です。



電子タバコをめぐっては、日本では規制がなく、

未成年が海外からインターネットでニコチン入りの電子タバコを取り寄せて吸っても、

取り締まることが出来ないために、規制が必要との声もあります。



今まで、タバコを吸っていた方も、紙巻きタバコをやめて、電子タバコにする方が多く、

注意しないと、ニコチンが含まれている場合があるなどが言われていました。


ここにきて、今度は発がん性物質まで含まれているとなると、

問題ですね。

国産タバコにも、セシウムが含まれていることを、あなたは知っているでしょうか?

タバコはやめた方がいいかもしれませんね。


タバコをやめる方法で有効なのは、離煙パイプが比較的に禁煙しやすいです。

コチラのサイトをチェックして見て下さい。
簡単にタバコをやめる方法へ


最後まで、読んで頂きありがとうございました。



◆◆◆関連記事◆◆◆


福島産の葉タバコから放射性物質セシウムが検出とは

簡単にタバコをやめる方法の離煙パイプてなに?



スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。